ブログ

過去につながる瞬間

私が子供の頃は

まだ家のそばに戦争中に作られたという防空壕があって

お友達数人と何回か中に入ったことがあります。

そんなに奥行きはなかったと記憶していますが

外の明るさとは対照的に真っ暗な壕の中はひんやりと湿っていて

臆病な私がよく中に入っていけたものだと

今でも驚きと共に思い出します。

ひとしきり探検を終えて出口に意識を向けると、思いのほか光が小さくて

近づくにつれ光の束が大きくなっていくと決まって走り出す子がいます。

一人が走り出すとそれにつられてみんなが大声をはりあげて

蜘蛛の子を散らすように走り出したのを覚えています。

 

終戦記念日が近づくと

過去の悲惨な戦争に想いを馳せたり

お盆にはご先祖様や亡くなった家族のことを偲んだりと

過去につながる時間が多くなるこの時期は

蒸し暑さがそうした感情を呼び起こしてくれるのに

一役買ってくれているのかもしれませんね。

 

まもなく太平洋戦争の終結から73年を迎えます。

日本は戦後生まれの人が人口の8割以上になり

2050年には日本から戦争体験世代がほとんどいなくなることが予想されるのだそうです。

高齢化社会という問題を考えた時にも

現在の日本を築いてきた人たちが尊厳を保てないような状況になるとすれば

ある意味社会がゆがんでいるのかもしれません。

 

お盆を過ぎると少しずつ夏の喧騒が後ろへと流れていき

炎天下の蝉時雨より夕暮れの蝉の方が

似合う季節へと移り変わっていきます。

 

それにしても

今年はいつ涼しくなってくれるのか・・・

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA