ブログ

スピリチュアルカウンセラーとして ③

人はそれぞれ事情をかかえ、平然と生きている
~伊集院静~

 

金縛りには2種類あると言われています。
医学的・科学的に証明できるレム睡眠中の現象と考えられるものと、
もう一つがいわゆる心霊現象による金縛り。
この違いに関しては、霊性開花講座の中で説明しておりますので
ブログでは割愛します。

半世紀を超えて生きてきた中で一番はっきりと見た幽霊なるものは、
中学生の時、金縛りにあいながら経験しました。
(この時の金縛りはいつものとは違っていたのですが…)

実はこの世に近い存在ほどはっきり見えます。
なぜなら波長の法則が厳としてあるからです。
この世の波長に近い存在だから
自分と同じような存在=生身の人間のように感じることができます。
逆を言えば、
この世から離れていけばいくほど、微細なエネルギーになっていくので、
そんなにはっきり見えるものではないです。

神が、光輝く衣装を身にまとい
「私は神である…」と言って出現されることはなく
悪魔が、「私は悪魔である…」と言って出てくる事もないと、
そう考えて間違いないと思います。

昔ばなしでもよくありますが、
乞食を助けたら神様だった…とか
「千と千尋の神隠し」の中でも、ヘドロの塊をきれいに洗ったら
オクサレさまという川の神様でした。

じゃあなぜ、生身の人間のように見える存在が、
この世の存在ではないとわかるのか…
なぜ中学生の時にはっきりと見た存在が
死んでいるヒトだとわかったのか…
それは、シチュエーション的にありえなかったからです。

夜寝ている時に、枕元に着物姿の女性が座っていて、
しかも自分の体は金縛り状態のようにしびれている・・・
だからこれは生身の人間ではないんだと理解できました。

以前、ある芸人の方がご自身が体験された心霊現象を
テレビで話されていました。
渋谷のスクランブル交差点で、
向こうから膝から血を流しながら歩いてくる女性とすれ違った。
なぜ血を流しながら歩いているんだろうと
不思議に思いながら家に帰るとその女性がいて、
「私のこと見えているんでしょ?」と聞かれたと。
要は、それほど未浄化な霊魂は、
はっきり見えるということです。

 

スピリチュアルカウンセラーとして④へ・・・

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA