ブログ

思い出がよみがえる時

時は過ぎていく。
そして少しずつ、我々が口にしてきた嘘は真実になる
~マルセル・プルースト~

 

人間の記憶は
自分で意識的に選択したものより
生理的に選択されたものの方が深く心に残るのかもしれません。
喜びや悲しみなどの場面も、忘れてしまったと思っていても
何かのきっかけで蘇ってきます。
あなたの大切な思い出が心に蘇るのはどんな時でしょうか…

特に印象に残るようなことはないのに
なぜか心に残っているような場面とか
何かのきっかけで心に蘇ってくるような場面とか
そんな場面、ありませんか…
頭の中に記憶しているというよりは
心に刻ませれているようなもの…
今ではどんな場面でも簡単に携帯で写真を撮って
記録として残しておくことができますが
そうした外部記録媒体を介さない
人間のソフト面での記憶みたいなものってありますよね。

 

だいぶ暖かくなってきました。
我が家の猫ちゃんも、布団にもぐってこなくなり
私の頭の上で寝ています…

フクロウ時計が気になる姫・・・

 

先週末、買い物途中でふと見たら
ご近所のお宅でハナミズキがきれいに咲いていました。
十字型に花びらが広がるハナミズキは
キリストが十字架にかけられた木とも言われています。

植物は長い年月をかけて成長していくので
植樹など記念的な意味合いを持たせるにはピッタリですね。
子どもが生まれたり、マイホームを持った記念に植えた花木が
過ぎ去りし日々を懐かしむきっかけになることもあります。
電子媒体などに残した記憶より
過去と現在のあいだに流れた時の大切さを
感じることができるかもしれません…

 

次回からは、霊性開花講座について
つらつら書いていきます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA