ブログ

内に在るもの  

お知らせページにて
9月開講の霊性講座のご案内をしております

霊性開花講座〜9月開講のご案内〜

講座を始めるに至った経緯について
ブログで6回シリーズで書いております
霊性開花講座 ~普遍的真理の学び~

 

脳科学の進歩によって人間の感情や行動も
科学的に説明できる様になってきたとはいえ
それでも理屈では片付けられない心の動きも
まだ多く存在しています。

訳もわからずゾッとしたり…
どうも気分が乗らなかったり…
人間には無意識のうちに危険を察知する
ソマティックマーカーという機能が
備わっているのだそうです。
直感、虫の知らせと言われるものもそのひとつで
英語でガットフィーリング(gut feeling )と言います。
gutは 腸、内臓の意味で
いわゆる内臓感覚と言われるものです。

人は選択を迫られたとき頭で考えて
『こっちが良さそう』と決めるのではなく、
言葉にはしずらい身体からの司令で決めているのだとか。

プロの将棋士は差し手を選ぶ時
猛スピードで頭をフル回転させ、結果を予測していきますが
結果的に悪い手の場合
駒が指から離れるその瞬間にこの手は敗着になると
気づくことがあるのだそうです。
映画『ロボコップ』のマーフィー巡査は
殉職した後、全ての記憶をはぎ取られ
ロボコップになったにもかかわらず
かつての相棒ルイスはそんなロボコップの中に
マーフィーの “何か” を感じます。

ロボット小説の名作と言われる『ロビィ』の中でも
大人になったグローリアはすでに
産業用ロボットに姿を変えてしまったロビィと出会った時、
その中にかつての大好きだった子守ロボットとしての
ロビィの『何か』を感じ取るのです…

人間の内面にはその人をその人たらしめている
「 何か」 が存在することを
人は感じとることができるのかもしませんね・・・

 

 

スピリチュアライズアドバイザー
スピリチュアルカウンセラー
スピリチュアルヒーラー
ミディアム

内藤ルシア

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930