ブログ

スピリチュアルな話し・・・⑧

お知らせページにて
9月開講霊性開花講座のご案内をしております

霊性開花講座〜9月開講のご案内〜

ブログでの霊性開花講座ご案内はこちら

9月開講~霊性開花講座のご案内~

講座を始めるに至った経緯についても
ブログで6回シリーズで書いております

霊性開花講座 ~普遍的真理の学び~

 

スピリチュアリズムを学び始めて腑に落ちたことは多々あり
霊夢もそのひとつ。
霊夢の定義はいくつかあって
色付きで何年たっても忘れずに覚えている…など

主人と夢の話しをするたびに
いつも不思議に思っていたことがあり
夢は白黒だと言い張るし
内容を覚えていることがほぼない。
そりゃあ、忘れることもあるけど
いつもいつも忘れるってありえなくない?
と思っていましたが
睡眠は心霊現象であり
夢を覚えているいないは
その人の霊能力と比例すると聞いて
一気に納得しました。

夢の中で聞いたメロディや言葉を忘れないように
枕元に鉛筆とノートを置いて寝ると良いと言われます。
お筆先と言われていた天理教開祖者の中山みきさんのように
紙に文字を書いていくという霊開通信の方法もありますが
字を書くというこの世の動きをすると
集中が切れやすくなってしまう私には
向いていないスタイルです。
なのでカウンセリングをする時は
極力字は書かないようにしています。

20代前半までは空を飛ぶ夢をよく見ていました。
この夢を見る人は結構いらっしゃいますね・・・
大きなプールの中で
クジラに追いかけられる夢とか(ピノキオか!)
車のブレーキが利かなくなる夢
いつも同じ場所が出てきたり・・・

「師」の下でスピリチュアリズムを学んでいた時には
夢の中でも「師」の講義を受けていました(笑)
まさに寝ても覚めても状態…

その中で、今でも忘れられず
強烈に印象に残っている夢の一つに
鳳凰の夢があります。
少なくとも10年以上前に見た夢ですが
細部にわたって覚えています。

彼方の山の背後が急に茜色に染まり
山火事にしては綺麗すぎる…
何だろうと思っていると
一体の火の鳥が浮かび上がってきて
私の方に向かって飛んでくるそのあまりの大きさに
しかも火をまとっているし
やばし…焼けちゃう!と思って
急いで小屋の中に逃げ込んだ…
部屋の中にいるはずなのに
外の情景が手に取るようにわかって
目の前を巨大な鳳凰が通り過ぎていった時に感じたことは熱さ
そして「あっ! まゆ毛焦げちゃったかもしれない」という思い。
そんな心配をしていると
再度山が茜色に染まりだし
一体の鳳凰が姿を浮上させてきて
先に飛んで行った鳳凰の後を追うかのように
私の目の前を通り過ぎた。
「あ~これで完璧にまゆ毛焦げたわ…」
と思ったこの一連の情景は
今でもその熱さと共に覚えていて
鳳凰の巨大さ、茜色に染まる山の美しさ、
今でもありありと思い出すことができます。

そしてその夢を見た直後
「師」の存在を知り、即行でカウンセリングを申し込み
スピリチュアルカウンセラー養成講座募集の
締め切り数日前に申し込みをし
今に至っております・・・

これはまさしく霊夢だと確信しています

スピリチュアルな話し・・・⑨

 

スピリチュアライズアドバイザー
スピリチュアルカウンセラー
スピリチュアルヒーラー
ミディアム

内藤ルシア

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA