ブログ

スピリチュアルな話し・・・⑨

お知らせページにて
9月開講霊性開花講座のご案内をしております
霊性開花講座〜9月開講のご案内〜

 

旅館やホテルに泊まった時に
壁に絵や掛け軸がかけてあったら・・・
この話を聞いてから宿泊先の部屋の絵が
気になって気になってしょうがない。

主人と泊まるときは
絵の裏側にお札が貼ってないことを確認してもらいますが
自分で確かめる勇気などあるはずもない。
一度だけ勇気を出して絵に手をかけたことがあったのですが
壁に張り付いていて動かなかった。

なんで?
盗難防止?
それとも・・・?

独人時代、友人たちと箱根の古い旅館に泊まった時
立派な掛け軸がかけてあって、気になりながらも無視。
もう30年以上も前のことなので
ポイントしか覚えていませんが
夢の中?で
その旅館のおかみさん(故人)があいさつにいらっしゃって
旅館にまつわる話しを色々としてくださいました。
その中で、今年で創立100年というところだけは
翌朝起きた時も明確に覚えていて
朝、仲居さんに旅館の歴史について聞いたみたら
今年でちょうど100年になります…とのこと。

夢だったのか現実だったのか
私は布団の上に正座して
おかみさんと向き合って話しを聞いていた記憶があります。
が、まわりの友人たちは全員が寝ていたので
確かめようがなかった。
しかも、翌日その話しをしたら
単なる偶然でしょと、相手にされませんでした。
結局いつものパターンでした・・・

長男君もロンドン在住時には
よく幽霊を見たと大騒ぎしていましたし
次男君も心霊現象体験者です。

小学校5年生の時だったと思いますが
私の寝室のベッドでお昼寝をして起きてくるなり
お母さんあの女の子はどこ?帰ったの?と聞いてきました。
お客さんは来てない…と言うと
部屋に入ってきて一緒に遊ぼうと言われたんだけど
眠かったから断ったんだよと…
その話しを隣で聞いていた長男君が
それって座敷わらしじゃない?と叫んでおりました。
雨の日に車で迎えに行った時には
助手席に女の人が座っていたから
うちの車じゃないと思ったとか・・・
(こわっ! 私は一体誰を乗せて走っていたのか)

長男君も次男君も私の体質を少々受け継いでしまったようで
いいのか悪いのか・・・

 

スピリチュアライズアドバイザー
スピリチュアルカウンセラー
スピリチュアルヒーラー
ミディアム

内藤ルシア

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031