ブログ

支え合える人がいる幸せ

秋も深まってきました…
書店には来年のカレンダーや手帳が並んでいます
私は毎年、誕生月の9月始まりの手帳を購入し
新しいスタートをきります
そして、一年間使ってきた手帳をめくりながら
反省をします…
反省と言っても、悔やむことではありません
楽しかったことを思い出し
幸せな気分にひたります…
かりに、何も良いことがなかったとしても
一年間健康で無事に過ごせただけでも
幸せだったと感謝します。
今、自分が不治の病にもかからず
毎日平和に暮らせるということ
それひとつとってみても、不思議なことです

誰に感謝をするの?となると
神さまに…ですが
なんとなく恥ずかしいと思う方は
家族や友人とした方が
しっくりくるでしょうか…

支え合える人がいるということは
幸せなことだと思います

 

湖畔のレストランで
ゆったりとした時を過ごしてきました…
夫君とは同級生で、2人とも秋生まれ
人生の終い方を
真剣に考える年齢となりました。
霊能者としてのお役目の卒業時期なども含め
ゆくゆくは
森の中の小さなお家で
猫たちに囲まれて静かに暮らすのもいいね~なんて
話してきました…

 

人生の終わりに神の御前に立つとき
才能はもうひとかけらも残っておらず
「与えて下さったものはすべて使い切りました」と
言えるようでありたい
~エルマ・ボンペック~

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA