ブログ・最新情報

ブログ

合理性をこえて

神は、我々を人間にするために
何らかの欠点を与える
~シェイクスピア~

 

日常生活の中では単に習慣になっていることでも
そのパターンから外れると
何だか気持ちが落ち着かないことってあります…

道を歩く時は人の右側を歩く? 左側を歩く?
コーヒーは食後に? それとも最初から?

こういうのって人によって結構決まってて
自分と合わない人といると何となく生理的違和感を感じたりします。
人が抱く感情についての決定的なメカニズムは
よくわかっていないのです。
心理学者のウィリアム・ジェームスは100年以上も前に
普通の人々は実在する存在のみならず
何かそこにあるものの存在を信じる傾向にあると指摘しています。
何かそこにあるものとは
人間の通常の感覚がとらえる所を越えて感じとれてしまう
不可知なるもののことだそうです。

そもそも人間が合理的でない証拠なんてどこにでもあります。
食べ物の好き嫌いにしても
ある人たちとウマが合わないことも
特別な人のことを好きになることだって
後知恵によるつじつま合わせ以外に合理的な説明は難しいのです。
私達の行動や信じていることの多くの側面には、
合理的な根拠などないのかもしれません

人間関係がうまくいかなかったりするのも
感動の出会いがあるのも
散々苦労しても駄目な事があるのも
棚ぼたの勝利があるのも
人間の行為の根拠には必ず感情があるので
そこにあるものの何かに影響をうけているからなのかもしれません。
人間の判断にはまずその人の傾向
(好き嫌いとか過去の経験とか呪縛とか…)があって
それに影響されながら進んでいくのです

その人の行為の選択を注意深く観察すると
(先天的か後天的かは色々ですが)
どういったバイアスがかかっているのかわかるものです。

まずは人(自分)の気持ちを大切に…
良きにつけ悪しきにつけ
そこから出来事の連鎖は始まります。

 

 

矛盾の中で

我々は矛盾だけで生きている
・・・
人生は矛盾なのである
~ウナムーノ~

 

人は自分が何者であるかを自ら選択せよと言われつつ
生まれ落ちた境遇によって選択の幅は狭められているという
矛盾の中で生きていると言われます。
『 頑張らなかった人には残念な結果が待っています… 』
というのは受け入れることは出来ても
現実には自分自身に問題があったのではなく
社会の格差や経済状況などの理由が
個人の努力不足と結びつけられていることも
少なくないような気がします。
更に、努力を重ねて
一流と言われるような企業に就職できたとしても
期待に応えられなければ、それなりの道が待っているだけで
そんな中、追い討ちをかけるように
家族など親しい人からの無条件の愛が得られなければ
人は壊れていってしまうのかもしれません…
人生いつも順風が続くわけでもなく
順風ばかりでは人間としての成長も期待出来ないでしょうが
それでもやっぱり試練は軽い方がいいと
人間なので思ってしまいます。

全力疾走してもさまざまな理由で夢が叶わないことは
人生ではよくあることです。
それは頭(理屈)ではわかっていても
心では納得がいかないということも
感情を持つ人間なら当然のことです。
普通はそんな葛藤に折り合いをつけながら
人生を歩いていくことになるのですが
結局最後は
自分の人生に意味のあることを求めていくというところに
落ち着くのかもしれないですね。

百花繚乱の中にあって
それぞれの花々はそれぞれの持ち味を発揮します。
限りなく前進し続けることに対して
一度立ち止まってみる事も大切なことです。
その結果、『続けない』を選択しても
いいのではないでしょうか…
それが、『逃げ』か 『卒業』 かは
自分が決めれば良いことなのです。

【9月開講】心霊講座10回コース

 

~9月開講 心霊講座のご案内です~

※今回よりZOOM(ビデオ通話)による
マンツーマンのオンライン講座を新たに始めます

 

スピリチュアライズアドバイザーの認定をいただいている

師・正木りさ氏の元で学んだ英国スピリチュアリズムに

別の視点から私に気づきを与えてくださった二人の恩師

加藤眞由儒氏と葦原瑞穂氏の教え

そしてそれらを私なりに追究し深めた内容を添えて

全10回の講座として勉強会を開催いたします。

 

霊視・霊聴・霊感という潜在的な力は

・生まれつき走るのが早い人

・生まれつき絵を描くのが上手な人

・生まれつき歌を上手に歌える人

などと同じように、その人の人間性とは全く無関係であり

さまざまな潜在能力を持っていることとその人の霊格の高さは別ものです。

むしろ、霊的真理・霊界の仕組みもわからず

心のコントロールもうまくできない状態で

そういった能力だけが発達してしまえば

本来ならばかかわらずに済む低い波長の領域にいる霊魂と

無防備なまま関わることになり、恐怖や苦痛に苛まれ続けることになります。

 

この心霊講座では

潜在能力のやみくもな開発を目的とするのではなく

霊性の向上を軸に霊能開花を目指してまいります。

実技のレクチャーは基本ございません。

霊視・霊聴・オーラ視などの現象を単に追求していくのではなく

別の観点から霊能力という才能をとらえ

霊的真理を追究していきます。

 

スピリチュアリズムは単なるオカルト幽霊学ではなく

人生哲学です。

その背後には不滅の霊魂とどう向き合い

死後の世界をどうとらえていくのかという崇高な思想が隠されています。

10回の勉強会では、心霊学だけではなく

歴史・哲学そして物理学などの側面も絡めて

霊的真理をお伝えしてまいります。

各回の題目及び詳細は以下の通りとなります。

 

第一回 スピリチュアリズムの基礎知識①

スピリチュアリズム勃興の背景と現代における意義

霊界の構成・霊的身体観

第二回 スピリチュアリズムの基礎知識②

感応現象・憑依憑霊現象・チャクラについて

第三回 スピリチュアリズムの基礎知識③

背後霊

先祖供養・水子供養(歴史的背景も含めて)

仏像について

第四回 スピリチュアリズムの基礎知識④

死と睡眠

お迎え現象・死後の生活

第五回 スピリチュアリズムの基礎知識⑤

ヒーリングの意義

病の原因・霊障

第六回 才能と体質からみる霊能力

波長の法則との関係性における霊界通信

物理学とスピリチュアル

第七回 進化と分離

霊的な変化による進化

スピリチュアリズムと古神道

第八回 霊性の向上と瞑想

オカルトとスピリチュアル

宗教からみるスピリチュアリズム勃興

呼吸・言霊

瞑想について考察

第九回 宿命と運命

光さす方向へ

運命と自由意志

カルマについて

第十回 普遍性の観点から『神』を考える

心霊現象が起こるメカニズム

全10回 各10,000円
(講座料金はその都度のお支払いで結構でございます)

 

※対面講座

昨今の状況を鑑みて、1クラス2名以内で開講いたします
・1名様でも開講します
・男女共可
・聴講生参加の可能性あり

★土曜日コース
毎月第1土曜日 12:00〜6時間前後
第一回講座 2020年9月5日(土)12:00〜
(2020年1月は除く)

★日曜日コース
毎月第2日曜日 12:00〜6時間前後
第一回講座 2019年9月13日(日)12:00〜
(2020年1月は除く)

※初回の男性の方の自宅カウンセリングは
承っておりませんが、勉強会に関しましては
初めての男性の方もお受けいたします。

場所: 自宅カウンセリングルーム
小田急線  柿生駅(徒歩圏内)

 

※オンライン講座

ZOOM(ビデオ通話)による1対1での講座となります(男女共可)
現状、対面講座は、休憩と質疑応答を含め
1回6時間程の内容となっております。
この内容をそのまま1回のオンライン講座で行うことは難しいと考え
1回分の講座を2回に分けて進めてまいります。

1回2時間 × 月2回
平日及び土日祝日の19:00~20:00の間で開始
曜日等につきましては、参加者が決まり次第
個別にご相談させていただきます。
(曜日固定でも、その都度の相談でも可)
オンライン講座も月謝制とし(1ヵ月10,000円)
翌月分を前月末までにお振込みいただき
振込確認後、メールで翌月分のテキストをお送りいたします。
なお、ビデオの録画は固くお断りさせていただきます。

 

対面講座・オンライン講座共、
霊査による霊能力強弱のお調べはいたしませんが
全10回最後まで続けられる強い意思を
お持ちの方だけお申し込みください。
(特に、オンライン講座は月2回の実施となります)
うわべだけのスピリチュアリズムに振り回されることなく
生涯をかけて学び続けていけること
それが才能であり、結果につなげる確実な方法です。

「神道は言挙げせず」と言われるように
本来、霊能力は椅子に座って一方的に語られる講義を聞いて
開花していくものでもなく、
霊能開花のための手段方法というのは
完全に個人的なものです。
ですから他人の方法をまねているだけでは
結局は行き詰まりを感じてしまいますが
多くの先達たちの努力によって確立された方法を参考にし
色々試してみることは
自分のスタイル・自分らしさを見出すための
有効な手段にはなりえます。

※この講座は、プロのミディアムを養成することに特化したものではなく
あくまで、霊性の開花を目指したものです。

 

受講ご希望の方は

  • お名前
  • ご住所
    (こちらから郵送物をお送りすることはございませんが、
    郵便物が届く住所をおしらせください)
  • 携帯番号
  • 生年月日

をご明記の上

naitolucia@gmail.com

までご連絡お願いいたします。

 

※聴講制度について
10回修了後に、復習などのため、講座の再受講をご希望の方は
1回の聴講につき1,000円(諸経費のみ)にてご参加可能です。
詳細は、講座参加された方にお知らせいたします。
オンライン講座はマンツーマンレッスンが基本になりますので
聴講生の参加はございません。

 

あなたがもし疑いをもって私のところに来るなら
私はあらゆる疑う理由をあなたに与えよう。
しかしもし愛を持って私のところに来るなら
私はあなたの想像を超えた愛をあなたにみせてあげよう
〜ハイラカン・ババジ〜

直感と直観

心と直感に従う勇気を持ちなさい
~スティーブ・ジョブズ~

 

本当に差し迫った判断をしなければならない時
例えば、転職をするとか
結婚相手を選ぶ時
人生の分かれ道に立ってどちらに行こうか迷った時など
最後に背中を押してくれるものは
直感なのかもしれませんね…
合理的だと思って下した判断は
後になって後悔することも案外多いものですが
自分の直感に従った時は
たとえその判断が裏目に出たとしても
『 あの時はそう思えたし、悔いはない !』と、
自分を納得させることもできるのです。

人間に備わっている”何か”を感じる感覚は
時として真実だったり
錯覚だったりしますが
なんだかんだと言っても
最後は『 あなたの直感を信じなさい!』なのかもしれません…

そもそも人間は合理的ではありませんし
何が本質なのかもよくわかっていないのです。
そんな人間が
自分を支配すると思い込んでいる運命に働きかけようと思ったら
超自然的な力を頼りにしてしまうのもうなずけます。
全てに裏づけをとってから行動するなんて無理なのですから…
宗教はそんな人間の不合理に折り合いをつける為にあるような気がしますし
文学にしたって音楽にしたって
芸術一般はこういう人間の感情に訴えかけ
それを表現するものだとも言われます。

何事につけてもめまぐるしく変化する時代にあっては
色々な価値観も含めて疑ってみたほうがいい考えが
浮かぶこともあるかもしれませんが
これはそれぞれの人の生き方に関わることなので、難しいです。
あくまで一つの考え方です…

 

先日、キャンドルセットをいただき
玄関で日々灯しています

扉を開けると薫ってくる
YANKEE CANDLEの甘い香りに癒されます…
五感の中で一番強く記憶と結びついているのは
嗅覚だと言われています。
そして、嗅覚によって呼び覚まされる記憶は
他のどの感覚器からの刺激よりも情動的で
当時のドキドキ・ワクワク感までも思い出すことが多いらしいです。
特定の匂いがそれにまつわる記憶を呼び覚ます現象を
プルースト効果といい
由来はマルセル・プルーストの小説
『失われた時を求めて』
この中で主人公が紅茶にマドレーヌを浸した時
その香りで幼少期の記憶が甦るという描写が元になっています。
匂いの記憶は聴覚などの記憶と比べて
忘れにくいというデータもあるので
忘れたくない思い出は、匂いとからめて記憶させると
良いかもしれません…

自由からの逃走

人間を自由にできるのは、人間の理性だけである。
人間の生活は、理性を失えば失うほど
ますます不自由になる。
~トルストイ~

 

行動範囲が限られて、ストレスも溜まりがちな今日この頃
といっても、元々がインドア派の私にとっては
いつもと変わらないこの頃です…

ただ単に好きな事が出来るイコール自由ととらえ
自分だけの恵まれた環境を追求しすぎると
他人に対する優しさが
薄れていってしまうような気もします。
自由を獲得するためには
それに伴う責任(努力や犠牲)も受け入れる覚悟が必要で
自分が何でも決められるということは
その結果に責任を負わなければなりませんので…

反対にそんなことまでして自由を獲得したくはない
努力や犠牲を払いたくないというならば
エーリッヒ・フロムが『自由からの逃走』の中で書いたように
むしろ他人が自分を決めてほしい…として
指導者への傾倒や全体主義を求める心理状態になるのかもしれません。
『自由からの逃走』では
ドイツがナチズムに傾倒していった原因が自由にあることや
自由になればなるほど耐え難い孤独感や無気力感に脅かされ
人間は自由でいることを恐れるとも書いてあります。
自由になるということは
自分の人生を自分で切り開いていかなければならず
それは、他者との安定した結びつきから切り離されて
一人で生きていくことになり
全体からの孤立という側面もあるのだそうです。

自由になることが個人としての孤独に耐え、
無気力の克服も必要とされるなら
いっそのこと全体に組み込まれて、
かりそめの自分を装いながら、しなやかに自己主張をしていくほうが
楽ということになってしまうのかもしれませんね…

何者にでもなれる自由は
何者でもない自分を受け入れ
誰にでもなり得る自分を抱え込む
ということでもあるのです。

 

我が家のお姫様は
日々、自由気ままに過ごしております…

加えて、次男君も
オンライン授業のZOOMがパンクしてしまったことをいいことに
気ままに過ごしております。
いいのか! 現役大学生が猫と同じ生活スタイルで…

徒桜

願わくば 桜の下にて春死なん
その如月の 望月の頃

 

フロントガラスに勢いよく向かってきては
ふわりと避けていく桜の花びらが舞い散る中
車を走らせていると
その瞬間瞬間の場面が
スローモーションのように感じられます。
一つ一つの花びらがまるで幻であったかのように
次の瞬間には後方に流れていくさまに
儚くも美しい、散り際の美学なるものを感じてしまいます。

世の流れというのも、本来はそういうものなのかもしれません。
とかく過ぎ去ったものは美しい思い出となり
心の中に生き続けたりもするのです。
(そうでないことも多々ありますが…)

今の日本は、失敗に厳しい一発レッドカード社会ともいわれ
ちょっとした失敗、あるいは言い間違えなどをすると
たちまち批判の雨あられ・・・
その集中攻撃の容赦のなさといったら大変なもので
特に匿名性が加担されるネット上で群衆心理が働けば
もう完膚無きまで、
徹底的にたたかれてしまうこともあるように思います。

人間は本来、助け合うことで生き残るということを学び
文明化するにしたがい、生活環境も改善され
他人を思いやることが洗練された人間の証しになってきたとも言われています。
けれどその一方で
自分は他人から理解されて当たり前という甘えの構造も同時に構築され
これが更に進むと、他人を信じすぎる傾向につながり
とかく無条件に頼りすぎてしまい、それがうまくいかないときには
自分以外の他者に対して無性に腹が立つという気持を
生んでしまう事にもなりがちなのだそうです。
例えば、電車が車両点検などで遅延してしまう…
注文した商品とは違うものが届いた…
それによって実際に大きな不便や損害があったとしても
過剰な批判に対する、過剰な謝罪が求められることになります。

ちなみに人間の攻撃性の引き金となる代表的な状況は
自我が脅かされる
自分が否定される
自由が奪われるという3つがあげられるそうですが
色々な意味で全能感(自分は何でもできるし、何でも知っている症候群)が強化されていくと
それが挫かされたときショック・怒り・恐怖も相対的に大きくなっていきます。
信頼関係はとても大切ですが
そこに過剰な依存(甘え)が生まれた場合は問題かもしれませんね。

技術が進歩すればするほど、社会は良くなっていくのでしょうが
(そうでないと困ります)
そこには文明の跛行性が潜んでいることも
理解して気をつけておくことが大切なのかもしれませんね。

コロナウィルスが猛威をふるっております
どうぞ体調にお気をつけてお過ごしください

 

 

 

風が吹き抜ける感覚

 

日と夜、季節、星、月、太陽。
その移ろいを見れば、
ひとより偉大な何かの存在を思わずにはいられない

 

風が吹き抜けるという感覚は
気持ちのいいものです。
風通しの良い場所は(家庭でも職場でも)居心地がいいですし
空気がいつも新鮮な場所は
気持ちが良いものです。
近所の公園で風に揺れる木々や花を見ていると
なんだかんだ言ってもモノゴトは
自然の摂理に従うものなのかも…と思ってしまいます。

自然界の花々は結果として枯れることはあっても
今年は天候が悪そうだから咲くのをやめておこう
などとはなりません。
まずはいつも通りの生命の営みを始めようとします。
淀むことを知らない
まずはそれを基本として流れていきます。
(処世を身につけた人間には難しいことなのかもしれませんが)

場合によっては理屈をこねることも必要ですが
まずは自然の理に従ってみることも大切なのかもしれませんね。

毎日忙しく無機質に流れていく都会の生活においては
風情はどうでもよくなりがちで
不覚にも
今年もまた缶ビールの桜の花のデザインで
季節の移ろいを感じてしまうとは…

しかも思わず手に取って
カゴにも入れてしまった…(笑)

今宵は久しぶりにいただいてみよう♪

 

 

 

食は命

 

人の運は食にあり
~水野南北~

医食同源と言われるように
健康は日頃の食事によるところが大きいと思います。
身体によい食材をバランスよくとることは
健康維持の基本だと言われ
昨今では食事に不足しがちな栄養を
サプリメントで補給するというのが
かなり一般的になってきています。
サプリメントで身体の機能を
無理矢理フル回転させることの是非はともかく
何らかの栄養不足でココロとカラダに
よくない影響がでるようだとしたら
考えなければいけないのかもしれませんね。

日本のマザーテレサとも言われた佐藤初女さんは
さまざまな悩みに苦しむ人達に
おむすびや温かい料理を食べてもらいながら
話しを聞くという奉仕活動をされていました。
『食』は『命』
『食』を提供するということは
命を差し出すということ
心を差し出すということ
そこに絶望した人達が心を開き
癒されていく境界線があるのかもしれません。

仮に社会で『食』が断たれれば、暴動へとつながり
フランス革命の原因の一つも、『パンをよこせ!』でした。
パンが食べられなければ政変に直結し
お腹がすいている・・・
これで充分な理由となります。
それくらい食料は重要な問題なのです。
不自由しなければ、普段はあまり気を遣わない『食』には
それほどの力があるということなのかもしれませんね。

江戸時代の観相学の大家、水野南北は
『人の運は食にあり』と言い
粗食・小食を説いていました。
また、心理学者のスティーブン・ビンカーは
人は食事を共にすることで、結びつきを持つと指摘しています。

仲良くなりたい
もっと親密になりたいという時は
食事を共にするのがいいのかもしれませんね。

たまには星空の下、火を囲み
お酒を飲みながら語り合う・・・
そうしたことを通して
関係も深まっていくのかもしれません。

Simple is best

2019年でホテルでのご相談は終了いたしました。
沢山のご縁に感謝いたします。

 

 

簡潔こそが英知の真髄である
~シェイクスピア~

 

何でもそうだと思いますが
結局は単純でわかりやすい真実が
時の試練をくぐり抜けるのだと思います。
古今東西の難解な哲学にしても、煎じ詰めれば
人間の本性の普遍的な真実について
(手を替え品を替え)語っているがゆえに
後世まで語り継がれているのであって
当時の時流に乗っただけのものだったら
とうの昔に歴史という時の中に
埋没してしまっているはずです。

良書、特に児童書を選ぶときは
ベストセラーよりロングセラーを選びなさいというのが
基本的なアドバイスと言われますが
その歴史が長いものほど、時の試練を経ているということから
真実に近いものと言えるのかもしれません。

その昔、我が子達がまだ天使(赤ん坊)だった頃
一番興味を示した絵本も
『いないいないばあ』という、いたって単純な内容の絵本でした。

スピリチュアライズ(霊的浄化)が進むと
シンプルになるとも言われます。
古来からの秘儀の教えでも
その中には果てしない単純な反復作業があり
それを行うことなく不思議な力を発揮することなど不可能で
また儀式が複雑化すると
奇跡は起こらなくなるとも言われます。
今でもスピリチュアルカウンセラーとしての在り方を
学ばせていただいている方の浄霊方法は
おどろおどろしいところなど一切なく、とてもシンプルで
反対に、複雑な印を組んだり、こ難しい真言を唱えたりするのも
1つの方法であるかとは思いますが
レベルが高くなるほど複雑な術は使わずになっていくものかもしれないと
思った瞬間でもありました。

イエスキリストが起こしたとされる奇跡も
「嵐よ鎮まれ!」とひとこと言っただけとか
死んだ人に対しては、「起き上がれ!」と話しかけただけなど、
シンプルこの上なく
インドのサイババも、ビブーティと呼ばれる神聖灰や
色々なものを物質化させて人々に与えていましたが
ある人が、「あなたほどの意識の高い人が、なぜ偶像崇拝の儀式を行うのか」と尋ねたとき
「私は大人の中にいるときは大人になり、子供の中にいるときは子供になる。
子供がおもちゃで一所懸命になって遊んでいる時におもちゃを取り上げられたりすれば、
返してくれと泣き叫ぶでしょう。しかし子供が成長して大人になれば、
それが本物ではなかったと気づくようになり、自然におもちゃでは遊ばなくなるものだ」と言って
実際、高弟たちに対しては、違う接し方をしていたと言われています。

シンプルなものほど心を揺り動かし
無限の叡智とつながっていくのかもしれません。

 

令和初のご来光は雲が多く
水平線から昇る日の出は見れませんでしたが
綺麗な天使の階段が現れてくれました。

平和でありますように…

めぐり逢い

 

寒さが増してきました。
通勤の朝、家から駅までの道のりが
思わず早足になってしまいます。
両手をポケットに入れ
肩に力も入り
もうそろそろコートを着てもいいかなと思いながらも
ホームに並んでいる人たちの中に
どの位コートを着ている人がいるか探してしまいます。
そして、みんなが着ているようなら
私も着よう!  なんて考えてしまう自分は
なんて自主性に欠ける
付和雷同型人間なのかと…
霊的真理を学んでいる人間として
この思考形態はどうなんだろう…
と呆れてしまいます。

社会心理学の実験で
ニューヨークの街中で何人かの人が空を見上げていると
通りがかった人達がつられて空を見上げるというのがあります。
社会哲学者のエリック・ホッファーは
『好きなことを何でも自由にしていいなら
人々はいつもお互いを真似しあうものだ』と言っています。
日本人は特にそうだと言われる事が多いですが
アメリカでもどこでも人間は基本的に
みんなと同じでいたいのかもしれませんね。

 

今年もついにラストの12月になりました。
大切な人へのクリスマスプレゼントはもう決まりましたか?
プレゼント選びにデパートをブラブラするのも、楽しい時間です。
プレゼントは一緒にいられないこと(あなたのために時間を使えないこと)
の言い訳とも言われます。
プレゼントや感謝の言葉も大切ですが
「 時間を共にする 」  のが
一番のプレゼントなのかもしれません。

 

 

生後3か月弱で我が家にやってきた子猫も10か月となり
人間というところの15歳くらい…

こんなに可愛かったツンデレ姫が

 

 

 

 

こうなった・・・

 

 

 

 

あなたにめぐりあえて
ほんとうによかった
ひとりでもいい
心からそういってくれる人があれば
~相田みつを~