ブログ・最新情報

ブログの一覧

心霊講座 2021年1月開講のご案内

こちらの講座は、
正木りさ氏の元で学んだスピリチュアリズムを軸に
私の主観、そして深い気づきを与えて下さった
加藤眞由儒氏、葦原瑞穂氏から学んだこと
又、アカデミックな内容も含め、別の観点からの
心霊講座となっております。
したがいまして、正木りさヒーリング研究室主催の
養成講座とは、霊性開花へのアプローチ方法も
違ったものとなっております。

 

来年から、講座料金を改定いたします。
新料金のご案内に先立ちまして
今回が現行の料金、1回につき1万円で受講できる
最後のご案内となります。
今まで勉強会を開いてきた中で、講座内容に対し
大変満足しましたという声を頂くこともでき、加えて
1クラス1~2名で、4~5時間ほどかけている現状もあり
来年の募集より講座料金の値上げをすることにしました。

1講座につき…
現行10,000円 ⇒ 新料金15,000円

講座内容はその都度バージョンアップしていますので
毎回同じ内容とはなっておりません。
真理は普遍であっても、人間は日々進化していますので
常に新しい気づき等を加えております。

真理に真新しいものはない。
その表現の仕方が色々あるだけ
~シルバーバーチ~
ということになります。

本来のスピリチュアリズムは、不滅の霊魂観、
死や死後の世界との関わり、この世での生き方などを考える
崇高な人生哲学です。
内藤ルシアの心霊講座では、
歴史・物理・哲学などの視点もからめてお伝えしています。
イマドキ「スピ系」を学ぶお気持ちで参加される方には
ハードな内容かもしれません。
実技は一切なく、長時間の座学のみです。
プロのミディアムを養成することに特化した講義ではなく
物理的心霊現象や手段・手法に重点を置いた内容でもなく
あくまで、霊性の向上を目的とした内容となっています。
そこも含めて真剣に、霊的真理に向き合うお気持ちのある方の
ご参加をお待ちしております。
各回の題目、及び詳細は以下の通りとなります。

 

第一回 スピリチュアリズムの基礎知識①

スピリチュアリズム勃興の背景と現代における意義

霊界の構成・霊的身体観

第二回 スピリチュアリズムの基礎知識②

感応現象・憑依憑霊現象・チャクラについて

第三回 スピリチュアリズムの基礎知識③

背後霊

先祖供養・水子供養(歴史的背景も含めて)

第四回 スピリチュアリズムの基礎知識④

死と睡眠

お迎え現象・死後の生活

第五回 スピリチュアリズムの基礎知識⑤

ヒーリングの意義

病の原因・霊障

第六回 才能と体質からみる霊能力

波長の法則との関係性における霊界通信

物理学とスピリチュアル

第七回 進化と分離

霊的な変化による進化

スピリチュアリズムと古神道

第八回 霊性の向上と瞑想

オカルトとスピリチュアル

宗教からみるスピリチュアリズム勃興

呼吸・言霊

瞑想について考察

仏像について

第九回 宿命と運命

光さす方向へ

運命と自由意志

カルマについて

ヨガ

第十回 普遍性の観点から『神』を考える

心霊現象が起こるメカニズム

雑念について

無とは

全10回  各10,000円
(講座料金はその都度のお支払いで結構でございます)

*日時は相談の上決定 (第1回目は1月開講となります)
*1クラス2名以下で開講(1名でも開講します)
*対面講座のみ
*男女共可
*場所:自宅カウンセリングルーム
(小田急線・柿生駅徒歩圏内)
*募集期間は2020年12月末まで
*昨今の状況を考慮し、聴講制度は中止しております

受講ご希望の方は
・お名前
・ご住所
・携帯番号
・生年月日
をご明記の上
naitolucia@gmail.com
までご連絡をお待ちしております。

 

 

見極める

心を開いていけば
人生ちょうどプラマイゼロ
プラスだけをみるのではなく
マイナスをみないようにがんばるのではなく
全体を俯瞰できる
それが歳を重ねてきた人間の強み
〜吉本ばなな〜

 

自然とか人間という概念と
テクノロジーという概念は
対極とまでは言わないまでも
究極的には一致できないのかもしれませんね。
内田百聞が『汽車がなければ大阪に行く用事など起こらない』
と言ったように
世の中が便利になると
それに合わせて用事も色々と起きてきます。
今から30年ほど前には
パソコン、ましてやエクセルなんてありませんでしたし
わからないことがあっても
ネット検索もできませんでした。
現代人必需品の携帯も、あったらあったで便利な反面
色々繋がっていなければいけないし
なにかと大変です…
便利になることは良いことですが
人間の心身の能力が、それについていけなくなるのでは…
と思ってしまいます。
何が本当に人間らしくあることなのか
じっくり考えてみることも、必要なのかもしれませんね。

以前、
自分に出来る限界を見極めることも大切
良い仕事ができなかったら、引き受けない方が良い、
それは自己満足に過ぎないのだと、言われたことがありました。
人は色々な困難を、行きつ戻りつをくり返しながら
進化していく存在であるという反面
人間としての限界があることを謙虚に受け止めてこそ
見えてくる真実もあるのでしょうね…
それは一見原点回帰のように見えながら
新たな領域に入り込んでいくような感じなのかもしれません。

スピリチュアリストでも宗教家でもない
物理の専門家や優れた医師などに
霊の存在を信じている人が多いと言われるのも
自分が携わっている学問がこの宇宙のごく一部しか
解明していないということを知っているからこそ
いつでも初心に帰ることができるからなのかもしれないと
ふと思ったりします。

 

だいぶ涼しくなってきました
読書には最適な季節の到来です♪
私の中での七不思議のひとつに
精神統一をくり返していたら老眼が回復したというのがあります
視力が良かった私は、40歳過ぎあたりから早々に老眼になり
本を読むにも眼鏡をかけていましたが
今では(この歳でも)裸眼で読んでおります
長い間、眼鏡なしで本が読める恩恵にあずかっていましたが
さすがにこのところはあやしくなってきたような…
視力低下とドライアイに気をつけながら
今夜も読書にどっぷりつかります

その瞬間瞬間に…

水流れて元の海に入り
月落ちて天を離れず

 

一年という月日の長さの主観的体感の違いについて
それは大人と若者のそれぞれの人生における
一年の占める相対的な長さの違いによるものなのだそうです

例えば20才の人生の中での一年と
60才の人生の中での一年とでは
相対的にその一年の長さが
違って感じられるということらしいです。
20才の人にとっては人生に占める一年の割合は
20分の1(5%)ですが
60才の人にとっては60分の1(1.7%)ですから
約3倍それぞれの人生の中での占有率が違うわけで
単純に言ってその感じられる長さも大切さも
違うということなのかもしれません。
もっとも歳を重ねてくると
人生のしがらみやら健康上の問題やら
何と言っても人生の終わりが確実に近づいてくるやらで
一日一日が大切になるとも言えますが…

それぞれの人の人生には独自の意味が存在していて
どんな人生の状況にも
その人にしかできないなすべきことが与えられています。
なすべきことの意味も、瞬間ごとに変化しているので
例えば子供を立派に育てる時期の意味と
年老いた両親の面倒をみる時期の意味は違っていて
状況は常に変化(進化)しています。
また与えられた才能によって
思いつくこともできる事も違いますので
例えば災害が起きたとき、人を背負って逃げるのか
その力がなければ道に落ちているガラスをどけてあげるのか
その人にしかできないことが必ず存歳します。
自分の心と向き合いながら
自分の役割を粛々とこなしていくことが大切なのでしょうね。

自分は何もしないくせに
他人がすることについては批判ばかりで
ちょっとした失敗も許さずに攻撃の対象にしてしまう…
なんてことにはならないよう
他人を責めるのはやめて、自分に忠実に生きていく…
他人の評価や人からどう思われるかばかりを気にすることなく
良心に沿って生きていく

その瞬間瞬間無心に励むことで
わたしはこの世にいる間
どれだけ向上ができるのだろう…

合理性をこえて

神は、我々を人間にするために
何らかの欠点を与える
~シェイクスピア~

 

日常生活の中では単に習慣になっていることでも
そのパターンから外れると
何だか気持ちが落ち着かないことってあります…

道を歩く時は人の右側を歩く? 左側を歩く?
コーヒーは食後に? それとも最初から?

こういうのって人によって結構決まってて
自分と合わない人といると何となく生理的違和感を感じたりします。
人が抱く感情についての決定的なメカニズムは
よくわかっていないのです。
心理学者のウィリアム・ジェームスは100年以上も前に
普通の人々は実在する存在のみならず
何かそこにあるものの存在を信じる傾向にあると指摘しています。
何かそこにあるものとは
人間の通常の感覚がとらえる所を越えて感じとれてしまう
不可知なるもののことだそうです。

そもそも人間が合理的でない証拠なんてどこにでもあります。
食べ物の好き嫌いにしても
ある人たちとウマが合わないことも
特別な人のことを好きになることだって
後知恵によるつじつま合わせ以外に合理的な説明は難しいのです。
私達の行動や信じていることの多くの側面には、
合理的な根拠などないのかもしれません

人間関係がうまくいかなかったりするのも
感動の出会いがあるのも
散々苦労しても駄目な事があるのも
棚ぼたの勝利があるのも
人間の行為の根拠には必ず感情があるので
そこにあるものの何かに影響をうけているからなのかもしれません。
人間の判断にはまずその人の傾向
(好き嫌いとか過去の経験とか呪縛とか…)があって
それに影響されながら進んでいくのです

その人の行為の選択を注意深く観察すると
(先天的か後天的かは色々ですが)
どういったバイアスがかかっているのかわかるものです。

まずは人(自分)の気持ちを大切に…
良きにつけ悪しきにつけ
そこから出来事の連鎖は始まります。

 

 

矛盾の中で

我々は矛盾だけで生きている
・・・
人生は矛盾なのである
~ウナムーノ~

 

人は自分が何者であるかを自ら選択せよと言われつつ
生まれ落ちた境遇によって選択の幅は狭められているという
矛盾の中で生きていると言われます。
『 頑張らなかった人には残念な結果が待っています… 』
というのは受け入れることは出来ても
現実には自分自身に問題があったのではなく
社会の格差や経済状況などの理由が
個人の努力不足と結びつけられていることも
少なくないような気がします。
更に、努力を重ねて
一流と言われるような企業に就職できたとしても
期待に応えられなければ、それなりの道が待っているだけで
そんな中、追い討ちをかけるように
家族など親しい人からの無条件の愛が得られなければ
人は壊れていってしまうのかもしれません…
人生いつも順風が続くわけでもなく
順風ばかりでは人間としての成長も期待出来ないでしょうが
それでもやっぱり試練は軽い方がいいと
人間なので思ってしまいます。

全力疾走してもさまざまな理由で夢が叶わないことは
人生ではよくあることです。
それは頭(理屈)ではわかっていても
心では納得がいかないということも
感情を持つ人間なら当然のことです。
普通はそんな葛藤に折り合いをつけながら
人生を歩いていくことになるのですが
結局最後は
自分の人生に意味のあることを求めていくというところに
落ち着くのかもしれないですね。

百花繚乱の中にあって
それぞれの花々はそれぞれの持ち味を発揮します。
限りなく前進し続けることに対して
一度立ち止まってみる事も大切なことです。
その結果、『続けない』を選択しても
いいのではないでしょうか…
それが、『逃げ』か 『卒業』 かは
自分が決めれば良いことなのです。

お知らせ

 

①ホテルラウンジでのカウンセリングは
2019年をもちまして終了しております。
対面カウンセリングは、自宅にて土日祝日に承っております。
したがいまして、ご紹介者さまのいらっしゃらない初めての男性の方は
まずは電話でのご相談とさせていただき、
2回目以降、対面でのご相談をお受けいたします。

 

②電話カウンセリングはZOOM(音声のみ)でも承ります。
30分と60分のコースがございます。

 

③ドコモ、auなどのキャリアメールからお申込みいただいた際
こちらからGmailで返信をさしあげても、
エラーとなり送れないケースがございます。
ホームページの予約フォームからお申込みいただいた方には
携帯番号のショートメールでお返事をお送りしておりますが
naitolucia@gmail.com 宛に、
お名前だけをご記入されてお申込みされた方には
エラーとなった場合、こちらから連絡をする手段がございません。
24時間以内に連絡無き場合は、携帯番号をご記入されて
再度ご連絡いただけますと幸いでございます。

【9月開講】心霊講座10回コース

 

~9月開講 心霊講座のご案内です~

※今回よりZOOM(ビデオ通話)による
マンツーマンのオンライン講座を新たに始めます

 

スピリチュアライズアドバイザーの認定をいただいている

師・正木りさ氏の元で学んだ英国スピリチュアリズムに

別の視点から私に気づきを与えてくださった二人の恩師

加藤眞由儒氏と葦原瑞穂氏の教え

そしてそれらを私なりに追究し深めた内容を添えて

全10回の講座として勉強会を開催いたします。

 

霊視・霊聴・霊感という潜在的な力は

・生まれつき走るのが早い人

・生まれつき絵を描くのが上手な人

・生まれつき歌を上手に歌える人

などと同じように、その人の人間性とは全く無関係であり

さまざまな潜在能力を持っていることとその人の霊格の高さは別ものです。

むしろ、霊的真理・霊界の仕組みもわからず

心のコントロールもうまくできない状態で

そういった能力だけが発達してしまえば

本来ならばかかわらずに済む低い波長の領域にいる霊魂と

無防備なまま関わることになり、恐怖や苦痛に苛まれ続けることになります。

 

この心霊講座では

潜在能力のやみくもな開発を目的とするのではなく

霊性の向上を軸に霊能開花を目指してまいります。

実技のレクチャーは基本ございません。

霊視・霊聴・オーラ視などの現象を単に追求していくのではなく

別の観点から霊能力という才能をとらえ

霊的真理を追究していきます。

 

スピリチュアリズムは単なるオカルト幽霊学ではなく

人生哲学です。

その背後には不滅の霊魂とどう向き合い

死後の世界をどうとらえていくのかという崇高な思想が隠されています。

10回の勉強会では、心霊学だけではなく

歴史・哲学そして物理学などの側面も絡めて

霊的真理をお伝えしてまいります。

各回の題目及び詳細は以下の通りとなります。

 

第一回 スピリチュアリズムの基礎知識①

スピリチュアリズム勃興の背景と現代における意義

霊界の構成・霊的身体観

第二回 スピリチュアリズムの基礎知識②

感応現象・憑依憑霊現象・チャクラについて

第三回 スピリチュアリズムの基礎知識③

背後霊

先祖供養・水子供養(歴史的背景も含めて)

仏像について

第四回 スピリチュアリズムの基礎知識④

死と睡眠

お迎え現象・死後の生活

第五回 スピリチュアリズムの基礎知識⑤

ヒーリングの意義

病の原因・霊障

第六回 才能と体質からみる霊能力

波長の法則との関係性における霊界通信

物理学とスピリチュアル

第七回 進化と分離

霊的な変化による進化

スピリチュアリズムと古神道

第八回 霊性の向上と瞑想

オカルトとスピリチュアル

宗教からみるスピリチュアリズム勃興

呼吸・言霊

瞑想について考察

第九回 宿命と運命

光さす方向へ

運命と自由意志

カルマについて

第十回 普遍性の観点から『神』を考える

心霊現象が起こるメカニズム

全10回 各10,000円
(講座料金はその都度のお支払いで結構でございます)

 

※対面講座

昨今の状況を鑑みて、1クラス2名以内で開講いたします
・1名様でも開講します
・男女共可
・聴講生参加の可能性あり

★土曜日コース
毎月第1土曜日 12:00〜6時間前後
第一回講座 2020年9月5日(土)12:00〜
(2020年1月は除く)

★日曜日コース
毎月第2日曜日 12:00〜6時間前後
第一回講座 2019年9月13日(日)12:00〜
(2020年1月は除く)

※初回の男性の方の自宅カウンセリングは
承っておりませんが、勉強会に関しましては
初めての男性の方もお受けいたします。

場所: 自宅カウンセリングルーム
小田急線  柿生駅(徒歩圏内)

 

※オンライン講座

ZOOM(ビデオ通話)による1対1での講座となります(男女共可)
現状、対面講座は、休憩と質疑応答を含め
1回6時間程の内容となっております。
この内容をそのまま1回のオンライン講座で行うことは難しいと考え
1回分の講座を2回に分けて進めてまいります。

1回2時間 × 月2回
平日及び土日祝日の19:00~20:00の間で開始
曜日等につきましては、参加者が決まり次第
個別にご相談させていただきます。
(曜日固定でも、その都度の相談でも可)
オンライン講座も月謝制とし(1ヵ月10,000円)
翌月分を前月末までにお振込みいただき
振込確認後、メールで翌月分のテキストをお送りいたします。
なお、ビデオの録画は固くお断りさせていただきます。

 

対面講座・オンライン講座共、
霊査による霊能力強弱のお調べはいたしませんが
全10回最後まで続けられる強い意思を
お持ちの方だけお申し込みください。
(特に、オンライン講座は月2回の実施となります)
うわべだけのスピリチュアリズムに振り回されることなく
生涯をかけて学び続けていけること
それが才能であり、結果につなげる確実な方法です。

「神道は言挙げせず」と言われるように
本来、霊能力は椅子に座って一方的に語られる講義を聞いて
開花していくものでもなく、
霊能開花のための手段方法というのは
完全に個人的なものです。
ですから他人の方法をまねているだけでは
結局は行き詰まりを感じてしまいますが
多くの先達たちの努力によって確立された方法を参考にし
色々試してみることは
自分のスタイル・自分らしさを見出すための
有効な手段にはなりえます。

※この講座は、プロのミディアムを養成することに特化したものではなく
あくまで、霊性の開花を目指したものです。

 

受講ご希望の方は

  • お名前
  • ご住所
    (こちらから郵送物をお送りすることはございませんが、
    郵便物が届く住所をおしらせください)
  • 携帯番号
  • 生年月日

をご明記の上

naitolucia@gmail.com

までご連絡お願いいたします。

 

※聴講制度について
10回修了後に、復習などのため、講座の再受講をご希望の方は
1回の聴講につき1,000円(諸経費のみ)にてご参加可能です。
詳細は、講座参加された方にお知らせいたします。
オンライン講座はマンツーマンレッスンが基本になりますので
聴講生の参加はございません。

 

あなたがもし疑いをもって私のところに来るなら
私はあらゆる疑う理由をあなたに与えよう。
しかしもし愛を持って私のところに来るなら
私はあなたの想像を超えた愛をあなたにみせてあげよう
〜ハイラカン・ババジ〜

直感と直観

心と直感に従う勇気を持ちなさい
~スティーブ・ジョブズ~

 

本当に差し迫った判断をしなければならない時
例えば、転職をするとか
結婚相手を選ぶ時
人生の分かれ道に立ってどちらに行こうか迷った時など
最後に背中を押してくれるものは
直感なのかもしれませんね…
合理的だと思って下した判断は
後になって後悔することも案外多いものですが
自分の直感に従った時は
たとえその判断が裏目に出たとしても
『 あの時はそう思えたし、悔いはない !』と、
自分を納得させることもできるのです。

人間に備わっている”何か”を感じる感覚は
時として真実だったり
錯覚だったりしますが
なんだかんだと言っても
最後は『 あなたの直感を信じなさい!』なのかもしれません…

そもそも人間は合理的ではありませんし
何が本質なのかもよくわかっていないのです。
そんな人間が
自分を支配すると思い込んでいる運命に働きかけようと思ったら
超自然的な力を頼りにしてしまうのもうなずけます。
全てに裏づけをとってから行動するなんて無理なのですから…
宗教はそんな人間の不合理に折り合いをつける為にあるような気がしますし
文学にしたって音楽にしたって
芸術一般はこういう人間の感情に訴えかけ
それを表現するものだとも言われます。

何事につけてもめまぐるしく変化する時代にあっては
色々な価値観も含めて疑ってみたほうがいい考えが
浮かぶこともあるかもしれませんが
これはそれぞれの人の生き方に関わることなので、難しいです。
あくまで一つの考え方です…

 

先日、キャンドルセットをいただき
玄関で日々灯しています

扉を開けると薫ってくる
YANKEE CANDLEの甘い香りに癒されます…
五感の中で一番強く記憶と結びついているのは
嗅覚だと言われています。
そして、嗅覚によって呼び覚まされる記憶は
他のどの感覚器からの刺激よりも情動的で
当時のドキドキ・ワクワク感までも思い出すことが多いらしいです。
特定の匂いがそれにまつわる記憶を呼び覚ます現象を
プルースト効果といい
由来はマルセル・プルーストの小説
『失われた時を求めて』
この中で主人公が紅茶にマドレーヌを浸した時
その香りで幼少期の記憶が甦るという描写が元になっています。
匂いの記憶は聴覚などの記憶と比べて
忘れにくいというデータもあるので
忘れたくない思い出は、匂いとからめて記憶させると
良いかもしれません…

自由からの逃走

人間を自由にできるのは、人間の理性だけである。
人間の生活は、理性を失えば失うほど
ますます不自由になる。
~トルストイ~

 

行動範囲が限られて、ストレスも溜まりがちな今日この頃
といっても、元々がインドア派の私にとっては
いつもと変わらないこの頃です…

ただ単に好きな事が出来るイコール自由ととらえ
自分だけの恵まれた環境を追求しすぎると
他人に対する優しさが
薄れていってしまうような気もします。
自由を獲得するためには
それに伴う責任(努力や犠牲)も受け入れる覚悟が必要で
自分が何でも決められるということは
その結果に責任を負わなければなりませんので…

反対にそんなことまでして自由を獲得したくはない
努力や犠牲を払いたくないというならば
エーリッヒ・フロムが『自由からの逃走』の中で書いたように
むしろ他人が自分を決めてほしい…として
指導者への傾倒や全体主義を求める心理状態になるのかもしれません。
『自由からの逃走』では
ドイツがナチズムに傾倒していった原因が自由にあることや
自由になればなるほど耐え難い孤独感や無気力感に脅かされ
人間は自由でいることを恐れるとも書いてあります。
自由になるということは
自分の人生を自分で切り開いていかなければならず
それは、他者との安定した結びつきから切り離されて
一人で生きていくことになり
全体からの孤立という側面もあるのだそうです。

自由になることが個人としての孤独に耐え、
無気力の克服も必要とされるなら
いっそのこと全体に組み込まれて、
かりそめの自分を装いながら、しなやかに自己主張をしていくほうが
楽ということになってしまうのかもしれませんね…

何者にでもなれる自由は
何者でもない自分を受け入れ
誰にでもなり得る自分を抱え込む
ということでもあるのです。

 

我が家のお姫様は
日々、自由気ままに過ごしております…

加えて、次男君も
オンライン授業のZOOMがパンクしてしまったことをいいことに
気ままに過ごしております。
いいのか! 現役大学生が猫と同じ生活スタイルで…

電話カウンセリングについて

 

昨今の状況を鑑みて
オンラインアプリ ZOOM(音声のみ)を使用したご相談を承ります。
加えて、従来は30分枠のみでしたが、新たに60分枠を設けました。

30分 8,000円(電話カウンセリングのみ)
60分 15,000円(対面・電話共)

また、平日のカウンセリングも(対面・電話)承れる日がございますので
よろしければ、ご利用ください。

※ZOOMとは、パソコンやスマートフォンを使って
セミナーやミーティングをするために開発されたアプリで
無料通話も含まれます。
初めて使う際には、アプリのインストールが必要になりますが
こちらからお送りする招待URLから、簡単に電話カウンセリングがご利用可能です。